名刺入れは、好みで選ぶのは自由ですが、ビジネスにおけるTPOを意識する事がオフィス間のマナーであると思います。

オフィスの備品は便利なツールを選びたい

名刺入れのメンテは、オフィス間のマナー

接客のお仕事に就く会社員なら、名刺入れを必ず持っていますよね。接客、営業には、名刺入れがオフィス内の必需品です。名刺入れは、無難なものを選ぶ人もいれば、高級ブランドにこだわる人もいてその人の個性を感じます。

私は名刺入れには、高級ブランドであってもいかにもという模様やロゴが入っているものはなんとなく好みではなく、ブランドものでも落ち着いていてさりげないものが好みです。私の主観なのですが、いかにもな高級ブランドの名刺入れを持っているとどうも見栄に思えてしまうのです。あくまで名刺交換はビジネスの場なので、TPOを考えて身の丈に合った選ぶのが好ましいのではと思います。逆に、大変良質な革で作られている綺麗な名刺入れを持っている方を見ると、素敵だと思います。稀に、名刺入れが明らかな高級ブランドのものなのに何年も使っているような名刺入れを見ると残念に思います。それならいくらノーブランドのものでも定期的に買い換えをしている方の方が清潔感があって印象がいいです。ただ、あまりに安っぽいような名刺入れを持っていると足元見られてしまいますから、ある程度のレザーを使っているおしゃれな物を選ぶと良いと思います。メンズファッションショップでも素敵な名刺入れ見つかりますよ。名刺入れは自分の身だしなみです。ピカピカの靴を履いている人と、靴底がすれて更に革がよれている靴を履いているビジネスマンとでは、やはりピカピカの靴を履いているビジネスマンの方が印象が良いですよね。これと同じだと思います。相手に足元見られないように名刺入れもメンテしましょう。それが得意先とのオフィス間のビジネスマナーであると思います。

■注目の情報